1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫持ち家の査定をしてから貸し出すかを考えたほうがいい3つの理由

持ち家の査定をしてから貸し出すかを考えたほうがいい3つの理由

現在住んでいる賃貸の家についてです。
結婚をするにあたって家を探していました。仕事柄電車を利用するため、駅が近く交通の便の良い場所を探していました。
主人の仕事と私の仕事の折り合いが付く場所という点で地域を選びました。
さらに賃貸なので家賃を加味しました。
駅から徒歩7分程でとても便利です。
今住む家は国道など主要な道路がすぐ近くにあり、車で通勤をする主人にとっても便利です。
広さは3LDKで家賃は約8万円ほどです。
居住する前は、2人で暮らすことが前提で家を探していました。さらに職場に通勤する面を考えた上での家でしたが、時が経つにしたがって状況は変わっていきました。
子どもが生まれて、初めてこの地域の良さに気が付きました。
子育て世代を呼び込む施策をしている自治体で、他地域よりも早くから中学生まで医療費が無料となっていました。病気をしやすい子供にとってとてもありがたいことでした。
さらに、市内には子育て支援センターがいくつかあり、子育てをするお母さんや子どもたちと出会い、友達を作る場が提供されていました。
昔は「公園デビュー」と言っていましたが、公園に行ってもそれほど子どもはいません。子育て支援センターにはたくさんの親子が来ています。
今では「子育て支援センターデビュー」と言ったところでしょうか。子育て支援センターならば、保育士の資格を持つ先生がついているので親子だけの空間ではないため、初めてでも入りやすいです。
そして一番良かった点は、スーパーマーケットが家から徒歩1分にあることです。
家に住みはじめたときは車で買い物に行けばいい…と思っていましたが、家から徒歩1分のところにあると車で行く必要もなく、必要なものがあればすぐに買い物に行けます。
本当に便利でした。さらに、そのスーパーはとても安いお店でした。家計のためにも助かっています。
家の間取りは真南向きの角部屋なので、非常に日当たりが良く、天気の良い昼間は暖房の必要がありません。洗濯物の乾きも良いです。
部屋の中は明るく気分が良いです。家が南向きというのはとても大切なことだと住んでみてわかりました。
残念な点は、各部屋に繋がる動線がすべて段差があることです。
慣れてしまえば平気ですが、小さな子供にとって段差はおおきな障害となります。この段差がなければいいなと思います。そして収納が少ないのも難点です。
子どもが少しずつ大きくなってきているので、この賃貸の家から一軒家に住みたいなと思っています。
間取りは4LDK以上で、収納力があり、駐車場は2台以上。
地域は今住んでいる場所がとても気に入っているので、同じ地域に住みたいと思っています。
できれば建売ではなく注文住宅の家に住みたいです。
ということで、一生懸命働いて一軒家に住めるよう頑張っています

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。